こんにちは!
通信担当の森です。
前回に引き続き、ビジネスフォンの基礎知識についてつぶやいていきます。
今回は、新品ビジネスフォンのメリット、デメリットについてです!

【メリット】

  • 意図的に旧式のビジネスフォンを購入しない限り、その時点で最新の機能を搭載している。
  • 拡張性は高く、人員増加等に対応するための後の拡張が容易である。
  • 法定耐用年数は購入した時点から6年であり、その期間におけるメーカーの保証も万全。
  • 設定データのバックアップ方式が現在ではフラッシュバックメモリで統一されており、停電等でデータを失う可能性は限りなく低い。

【デメリット】

  • 価格が中古ビジネスホンのおよそ4~5倍もします。

それ以外は特になし。

また次回は中古ビジネスフォンのメリット・デメリットについてお送りしますね。
お楽しみに!